春のメンズコーデの極意@ダボダボコーデはバックグラウンドが必要

 

 

 

春のメンズコーデの極意@ダボダボコーデはバックグラウンドが必要

 

最近はおしゃれな男の子が増えましたね。しかし渋谷などの街を歩いていていまだ春のメンズコーデで見かけるダボダボファッションの男性はダサいと感じます。所謂、ラッパーのようなファッションですね。このファッション時代がダサいわけではありません。実際にラッパーを仕事や趣味でしている人がしていると、当然似合っていて格好いいのです。100歩譲って、ヒップホップを聴くのが趣味という人も、許せます。しかしそれ以外の人がファッションのみダボダボだと、何ともダサく感じるのです。それは一見して分かります。ラッパーの人がそのファッションを上手く着こなせているのは、やはりそのバックグラウンドがあるから。背中から何か見えないオーラをか持ち出しているのです。たぶんファッションだけではなく、歩き方や髪型、バッグなどトータルでラップやヒップホップが好きなのを表現できているのでしょう。ファッションだけのにわかとは一線を画しています。

 

また春のメンズコーデでダサいダボダボファッションの人は、スケボーやBMXなどストリート系のアスリートのファッションともまた異なります。ストリート系の人はヤンキー臭がしないのです。また短髪でもロン毛でも清潔感があり、おしゃれな雰囲気もあります。たぶんそれはスポーツをやることで体が適度に引き締まり、自然の日光で健康的な肌をしているからだと思います。あとダサいダボダボの人は、金のネックレスをよくしていますね。それがまた元ヤンキーにも見えるのです。私が好きな20代春のメンズコーデは、個性的なおしゃれ過ぎず、爽やかさとこなれ感を持っていること。モッズのようなスリムファッションもクセが強すぎます。チノパンにアディダスのスニーカー、トップスは上質なシンプルなものならベストです。できたらユニクロではなく、スプートニクスやインフォアブソなどの大人カジュアルなら最高です。